2018年7月30日 鳥屋地区の組合員と地区座談会を開催しました

2018年7月24日午後7時30分より鳥屋地区の組合員と森林組合執行部と(神奈川県農政部森林保全課職員も参加)のもと鳥屋地域センター(会議室)で地区座談会が開催されました。これは今年度の事業計画で組合員とのコミュニケーションを図るため地区座談会を開催する方針に鳥屋地区の3人の理事がいち早く対応して実現しました。当日は25名の組合員の方が連日の猛暑でお疲れの中参加していただき、組合の事業説明を聞いた後の座談会で活発な質疑が行われ有意義な座談会をすることができました。いただきました貴重なご意見はこれからの組合運営に反映していきたいと思います。

地区の座談会を開催しましょう!

津久井郡森林組合は、協同組合の理念に基づいて組合員と執行部と情報交換を行い、より良い組合運営をするために各地区の座談会行います。
各地区で座談会を希望の場合は地区理事により地区総代と協力して開催日時、座談会議題、場所などを決め森林組合にご連絡下さい。座談会通知は森林組合で作成し、議題等について準備して執行部が参加しますので組合員の出席人数などの確認は各地区でお願いいたします。

組合員を募集しています!

津久井郡森林組合は近年高齢化等により組合員の脱会の相談がありますが極力後継者に新たな組合員に加入していただき所有林の整備と管理をお願いし、補助金等を活用した支援策を提案しています。
また過去の運営の結果、現在自己資本が不足しています。組合員の募集と、出資金の増資をお願いしておりますのでご協力ください。

森林整備を支援します!

津久井地域内には36件の共有地管理組織、11件の生産森林組合、他に造林組合があります。それぞれ管理する森林について組合員の高齢化や過疎化などに伴い整備や管理についての問題が発生しています。それらの問題の相談に乗り支援をします。

津久井地区に木材集荷場が開設します。利用してください!

相模原市緑区鳥屋字上屋敷1736-1の津久井郡森林組合の鳥居原作業所が神奈川県森林組合連合会が運営する津久井・県央地域の木材集荷場として年内に開設する予定です。
津久井産材利用拡大の取組として平成29年度に取組んでいた事業です。

今までは津久井の木材は神奈川県秦野市菖蒲317番地の林業センターまで搬送しなければなりませんでしたが、集荷場が開場しますと津久井地域内で木材の取引が可能となり、長期施業受委託事業や受託林産事業で搬出される木材の物流コスト削減等の改善が図れます。
津久井郡森林組合は地域内の林業企業体にも呼び掛けて津久井産材利用拡大に努力します。
組合員の皆様も間伐材搬出補助金を活用して利用拡大にご協力ください。

水源林整備事業

神奈川県の水源を潤す森林を整備しましょう。
神奈川県が進める「水源の森林づくり」事業に協力して森林の持つ公益的機能を高める努力をし、地球環境保全に森林所有者として誇りを持って貢献できる所有林の整備と管理を実施しましょう。
津久井郡森林組合はJForest森林組合運動方針に基づき、「かながわ水源の森林づくり」に協力し、各種森林整備事業を推進しています。
この事業は神奈川県が平成9年度から始め、平成19年度からは県民の水源環境保全税にも支えられて事業を推進してきました結果、整備実績の成果は上がっております。
この事業は平成39年度に終了する予定ですので、まだ自分の所有林の整備が完了していない方は支援の事業期間中に実施することが経済的にも効果がありますので整備をご検討して下さい。

森林整備の各種事業についての相談は津久井郡森林組合にお問い合わせください。

住所:〒252-0157相模原市緑区中野1024番地2
問い合わせ方法
電話:042-784-1140

Fax: 042-784-1100
Mail:tukuisi@jn3.so-net.jp