購買事業

 チェーンソー  刈払機
その他機械工具類
    
鉈(なた) ・ 鎌(かま)
 椎茸菌 
にく丸
全国的に最も多く使用されている品種であり、乾・生両方で大活躍する品種です。発生は接種翌年の秋からピークを迎え、3才までで一代収量のほとんどが発生し、非常に効率の良い品種と言えます。乾シイタケとしては「どんこ」「こうこ」を中心に、亀裂の浅い茶花どんこが採れます。生シイタケとしては9~11月にかけて大形でボリューム感のあるきのこが発生します。この品種は散水での発生が容易なため、発生が気象に左右されにくく、発生操作も大幅に省力化できます。
品種の特性
●原木は樹種、径級問わず使用でき、ほだ木作りが容易です。
●ほだ起こしは平均気温が19℃(最低気温が14℃)の頃に行います。
●ほだ起こし後の水分が少ないときは、半日ほど散水すると芽切りが揃います。